×

米倉涼子「これがあったからやってこられた」 夢だったブロードウェイの舞台をともにした宝物とは?

[ 2022年1月31日 19:01 ]

米倉涼子
Photo By スポニチ

 女優の米倉涼子(46)が31日、NHK総合「ニュース シブ5時」(月~金曜後4・50)に出演。夢だったブロードウェイの舞台をともにした宝物を紹介した。

 米倉はブロードウェイで鑑賞したミュージカル「CHICAGO」に魅了されて、08年の日本版では自ら売り込んで主演をゲット。そして12年、36歳の時には本場ブロードウェイの舞台でも「CHICAGO」の主演を務めた。この舞台のクライマックスが、主人公がシルバーのハイヒールを履いて踊る場面。米倉はその時に履いたハイヒールを宝物として紹介し、「頑張った証しというか、汗が染みこんでますけど、ブロードウェイで使っているシューズです」と愛おしそうに見つめた。

 このハイヒールについて、「ブロードウェイで有名な靴を自分の足に合わせて作って下さるシューズ屋さんに行って、作ってもらった靴なんです。ブロードウェイじゃないと、この靴は手に入らないんです」と説明。「本当だったら制作(ブロードウェイの衣装担当)が『保管しておこうか?』と言ってくださるんですけど、『側に置いておきたいから』と言って、私が預かってるんです」と明かした。

 最後にもう一度、「これがあったからやってこられた。ブロードウェイにも行けたという証し」と口にして、シルバーのハイヒールへの並々ならぬ思いを伝えた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「上島竜兵」特集記事

2022年1月31日のニュース