眞鍋かをり“令和のグラドル”に2つの助言「下ネタは10年たっても消えない」ともう一つは?

[ 2021年6月9日 22:44 ]

眞鍋かをり
Photo By スポニチ

 タレントの眞鍋かをり(41)が9日放送の日本テレビ「今夜くらべてみました」(火曜後9・00)に「タフすぎる平成バラドル」として出演、当時の「バラドルあるある」を明かした。

 眞鍋は「スタジオに入ってきた時に、出演者同士で仲良く話すのとかも、本当に時代が変わったなと思った」と話始め、「昔は敵同士みたいな感じ感じ。すごく殺伐としていました。毎日マネジャーさんに洗脳され続けているので、ちょっとサイボーグみたいになってくるんですよ。だから、周りは全部敵だからぶっ潰してこい、みたいな…。でも洗脳されているから『オレぶっ潰す』みたいな感じで…本当にマシーンみたいな感じだった」と明かした。

 また、「気が付いたら1年間休んでいないとかありましたね。寝る時間も1日4時間くらいで毎日毎日。今では考えられないですけど、40度くらいの熱があっても、にんにく注射して戻ってこい!みたいな。座っているのがやっと、という状態でバラエティーに…」といい、「かみついてなんぼみたいな。かみつくのが仕事みたいな、そういう時代があって…」と、当時売れっ子のバラドルの生活のきつさも語った。

 そんな眞鍋が、「令和のグラドル」へアドバイスを求められ「下ネタは10年たっても消えない」「年齢詐称は飲んじゃだめ」の2点を上げ、子どもの参観日に父兄から「下ネタで川柳読んでいたのがすごく好きで…」と言われ「乗っかってなんぼみたいなのがあるので、平気でやっていたので、でも結構見ていた方って、10年20年たっても細かいところを覚えていたりする。後悔はしないけど、違うんですって」と語り、年齢も、本当は5月生まれだったにもかかわらず、デビュー時に18歳の女子大生で3月生まれという設定にしたいという事務所の意向を飲んだものの「最後までストレス。誕生日のお祝いなんかされると本当にごめんなさい本当にごめんなさいって。占いの企画なんか、まあ、興味ないですよね。辛くて」と語っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年6月9日のニュース