元TOKIO・山口達也さん 略式起訴受け謝罪「これ以上信頼を裏切ることのないよう」

[ 2020年11月19日 15:40 ]

 元「TOKIO」の山口達也さん(48)が19日、前日18日に東京地検が道交法違反(酒気帯び運転)の罪で略式起訴したことを受けてコメントを発表した。

 発表によると、オートバイでの酒気帯び運転事故により「被害者並びに多くの皆様に多大なご心配とご迷惑をお掛けしました事を深くお詫び申し上げます」と謝罪した。これまでアルコール依存症を克服しようと努めてきたが、今回についてはアルコール依存症以前の問題とし「弁明の余地はなく、真摯にその罪を償っていく所存です」とし、「多感な時期の子供を持つ親としての自覚の下、再度専門医のご指導を仰ぎ、これ以上信頼を裏切ることのないよう努めて参ります この度は誠に申し訳ございませんでした」と決意を述べた。

 また、山口さんの兄も身元引受人としてコメントを発表。「身元引受人として、私からも深くお詫び申し上げます」と謝罪した。山口さんは2018年5月のジャニーズ事務所退所後にアルコール依存症と診断され、同月から19年4月まで入院治療、同5月から通院治療していた。兄は「治療は順調に進んでいると親族一同信じておりましたが、この度の事故を受けて私共の認識が甘かった事を痛感しております」と明かし、今後については「アルコール依存症を克服し、再び社会生活を送る為の力となれますよう、今まで以上に支えて行きたいと思います」とサポートしていくとした。

 山口さんは同法違反容疑での逮捕から2日後の9月24日に釈放され、地検が任意で捜査を続けていた。同22日午前9時半ごろ、東京都練馬区の区道で信号待ちをしていた乗用車に大型バイクで追突。呼気検査の結果、基準値の1リットル当たり0.15ミリグラムを大幅に上回る約0.75ミリグラムのアルコールが検出され、警視庁が現行犯逮捕した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年11月19日のニュース