松岡修造、受験生にエール「笑顔の金メダルを作っちゃえ」

[ 2020年1月14日 13:54 ]

「C.C.Lemon受験生応援イベント2020」に出席した松岡修造
Photo By スポニチ

 元テニス選手でスポーツキャスターの松岡修造(52)が14日、都内で開催された「C.C.Lemon受験生応援イベント2020」に出席。松岡は悩める受験生たちの悩み相談に乗り「笑顔の金メダルを作っちゃえ」と熱くエールを送った。

 「C.C.Lemon元気応援ソング」を歌いながら登場した松岡は、鉢巻に襷を付けた学ラン姿でオリジナルテキストの「C.C.修造虎の巻」を用いた特別講義を行ったほか、受験生たちの悩み相談を受けることに。

 「志望校に全て落ちてしまうのではないか」という悲観的な考えを持つ学生には「皆、アスリートもそうですよ。自分は勝てないんじゃないか、ダメじゃないかって、そういうところから絶対に出るのよ。でも、勝ちたいって思うでしょ?受かりたいって思うでしょ?ネガティブなところからポジティブって生まれるんですよ!前向きな言葉しか言わない人って、はっきり言って天然ですよ」と持論を展開。「イメージほど大事なものはない」「イメージだけは前にいかなきゃだめ」とも続けた。

 親や先生からのプレッシャーに打ち勝つ方法を聞かれると「(プレッシャーを)感じているってことは、期待されているってこと」と言い「プラスなんだから。そのプレッシャーを力に変えるには、方法が一つある」と発言。「どんなものにも負けないもの。これをしたら何が来ても勝てる」としたうえで「笑顔。笑顔の金メダルを作っちゃえばいいのよ」とニッコリ。辛い時もあるとしつつ「自分にしかできない笑顔っていうものを、大事にしてほしい」と呼びかけた。

 最後に改めてマイクを握った松岡は、一番パワーをもらったのは自分だと学生たちに感謝。そして「お金を自分で払いながら、親が払いながらやっているものっていうのは、はっきり言って、楽しいことであるべきだと思うのよ。親もそう、皆もそう。今は無茶苦茶楽しんで、心の底から本気でぶつかって欲しいと思う。その中の結果がどうであれ、親は文句を言わないと思う。一番の応援団だから」と励ましの言葉を送っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月14日のニュース