紳助さん、離婚多い“ファミリー”に複雑…動画内でエール「フジモン頑張れ」

[ 2020年1月14日 05:30 ]

藤本敏史(左)と島田紳助さん
Photo By スポニチ

 2011年に芸能界を引退した島田紳助さん(63)が13日、歌手のmisono(35)のユーチューブチャンネルに登場した。引退以降、スポニチ本紙などへの取材対応や後輩歌手のライブへの出演はあったが動く姿を発信するのは初めて。misonoは本紙に「紳助さんが無償の愛で出てくれた」と明かした。反響は大きく再生回数はこの日のうちに130万回を超え、ネット上には賛否の書き込みが相次いだ。

 動画内の紳助さんはほろ酔い加減で「クイズ!ヘキサゴン2」の出演者で、本紙報道で判明した藤本敏史(49)と木下優樹菜(32)の離婚について言及。離婚に関し藤本から電話連絡があったことも明かした。

 紳助さんに見いだされたスザンヌ(33)や矢口真里(36)ら「ヘキサゴンファミリー」に離婚経験者が多いことを挙げ「不幸率8割ぐらいや、ホンマ」と複雑な表情。2010年に番組で結婚報告した藤本へ「フジモン頑張れ」とエールを送り「あいつ泣き虫やんか。テレビで週に2、3回泣いたらええ」と“泣き芸”を極めるようアドバイスを送った。

 また、misonoから矢口が再婚して子供もいることを知らされると驚きの表情。「テレビ見ないから知らんねや」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年1月14日のニュース