E-girls 来年末での解散を発表 活動9年でピリオド…「それぞれの道で頑張っていこうと」

[ 2019年12月22日 16:00 ]

<22日組・芸能面・飯尾撮影>来年末まで全力を尽くすことを誓うE-girlsの(左から)藤井夏恋、佐藤晴美、鷲尾伶菜、武部柚那
Photo By スポニチ

 11人組ガールズユニット「E―girls」が来年いっぱいで解散する。22日、神奈川・トレッサ横浜で行った新曲「別世界」の発売記念イベントで発表した。

 11人が登場する前にスクリーンで発表され、リーダーの佐藤晴美(24)は「映像にあったように私たちは2020年をもちましてそれぞれの道に進んでいくという決断に至りました。今年の春ぐらいからこれからの未来を話し合う機会があって、方向性をみんなで伝え合った時にそれぞれの道で頑張っていこうということになりました」と説明。ファン2000人の多くが涙を流して決断に至った経緯を聞き入った。

 来年2月1日~7月4日にラストツアーを開催する。藤井夏恋(23)らは7人組ユニット「Happiness」の活動に専念。鷲尾伶菜(25)はソロデビューする。石井杏奈(21)は女優業に専念する。

 2011年12月にシングル「Celebration!]でデビュー。13年にNHK紅白歌合戦に初出場し、17年まで5年連続で出場した。17年には人気メンバーのAya(32)、Ami(31)らが卒業し、新生グループとして始動していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年12月22日のニュース