鈴木紗理奈“社長令嬢人生”をひた隠しにしてきたワケ 両親ともに会社経営、週1フグ料理

[ 2019年2月24日 11:40 ]

鈴木紗理奈
Photo By スポニチ

 タレントの鈴木紗理奈(41)が24日放送の日本テレビ「誰だって波瀾爆笑」(日曜前9・55)に出演。これまでひた隠しにしてきた社長令嬢としての人生を明かした。

 時には大阪弁でまくしたて、どこかやんちゃなイメージもある鈴木。番組では、両親ともに会社経営者で、東大卒の博士だという祖父を持つなどお嬢さまであることが紹介され、トーク中も「雑な箸使いが気になる」として正しい箸の持ち方を力説するなど育ちの良さを垣間見せた。

 また、この日は、間取りが8LDK、大リビングにビリヤード台が設置された実家の大豪邸を公開した。これまで、お嬢さま育ちだという自身の環境について声高に明かすことはなかったが「お嬢様やって言っても何の得にもならない。ただの嫌味な女にしかならない」。子供の時に週1回はフグを食べていたことや、回転すしやファミリーレストランに行ったことがなかったこと、さらに即席ラーメンは「お手伝いさんが作っていた」ことなどを披露しながらも「いやらしいわぁ」「感じ悪ぅ〜」「いやでしょ〜」など自虐的に話す一幕もあった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年2月24日のニュース