杉村太蔵 小中学校へのスマホ持ち込みに「歩きスマホの事故増え、いじめの温床になる」

[ 2019年2月24日 12:21 ]

杉村太蔵
Photo By スポニチ

 元衆議院議員でタレントの杉村太蔵(39)が24日、TBS「サンデー・ジャポン」(日曜前9・54)に生出演。文部科学省が公立小中学校への児童生徒の携帯電話、スマートフォンの持ち込みを原則禁止とした通知を見直す検討を始めることについてコメントした。

 賛成か反対かについて杉村は「僕は大反対」ときっぱり。自分の子どもには、連絡先が限られていてGPSが付いていて、カメラが付いておらず、ネットにもつながっていないキッズ携帯を持たせているといい「スマホに関しては大反対。歩きスマホの痛ましい事故が増えるってことが心配だし、もしスマホが解禁になったら学校に持ち込む物品の中で桁違いで高額商品になる。やっぱりいじめの温床になる」と主張。その上で「公立学校にはやっぱり経済格差がある。文科省が予算をつけるならいい」と条件付きなら賛成とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2019年2月24日のニュース