映画「ドラゴンボール」好調持続、興行収入33億円を突破

[ 2019年1月8日 09:09 ]

 昨年12月14日に公開されたアニメーション映画「ドラゴンボール超 ブロリー」(監督長峯達也)が封切りから6日までの24日間で260万4870人を動員、興行収入33億5478万500円を記録した。配給の東映が7日に発表。冬休み興行が堅調だったことが33億円超えにつなげた。

 10日には札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の5大都市で大ヒット御礼のイベント上映会開催も決定。東京は孫悟空役の野沢雅子が舞台あいさつを行う予定だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2019年1月8日のニュース