PR:

吉本興業 渋谷に“eスポ聖地”11月オープン、魅力発信&プロと対戦も

「ヨシモト∞ドーム」ステージ1で行われる、eスポーツイベントのイメージ
Photo By 提供写真

 吉本興業が、東京・渋谷にeスポーツの拠点施設「ヨシモト∞ドーム」を11月10日、オープンさせることが8日、分かった。“eスポーツの聖地”として、さまざまな関連イベントを開催する。

 所在地は、同社の劇場「ヨシモト∞ホール」が地下1階にあることで知られる、渋谷区宇田川町のビル「渋谷BEAM」。「ヨシモト∞ドーム」は7階に入居し、「ステージ1」(90席)と「ステージ2」(50席)、「ヨシモト∞ドームCAFE」が設けられる。

 eスポーツはステージ1で開催。競技大会や、プロ選手と対戦などができる交流イベント、ゲーム会社のPRイベントなどを計画している。番組収録やライブ配信の会場としても使うほか、選手育成の場として“虎の穴”の役割も担う。

 同社の担当者は「日本では、まだeスポーツの魅力が理解されていない。サブカルチャーの印象が強い秋葉原や池袋でなく、多様な文化の発信地である渋谷に拠点を構え、幅広い人に魅力を伝えたい」としている。

 「次長課長」の井上聡(42)ら吉本所属のゲーム好き芸人が、イベントや大会のMCを務める可能性もある。お笑いパワーも活用し、eスポーツの浸透を図る。担当者は「笑いとは質の違うエンターテインメント。学ぶことは多い」とも期待している。

 同社は今年3月から、本格的にeスポーツに参画。お笑いコンビ「裏切りマンキーコング」の西澤祐太朗、お笑い芸人小池龍馬、元芸人で総合格闘技「DEEP」フェザー級王者ジョビンら3人とプロ選手契約を結んだ。

 「∞ドーム」設立に、ジョビンは「ホームグラウンドができてうれしい。ここで一人でも多くの人に、eスポーツの魅力を伝えるのが使命。格闘技に続き、格闘ゲームの王者を目指す」と気合十分。

 同社は、今年中にさらに10人とプロ契約するなど事業を拡大する方向だ。「∞ドーム」で大規模な大会を2〜3年後に開くことを目標としており「さまざまなイベントを通じて開催のノウハウを蓄積し、∞ドームで大規模な盛り上がる大会を開催したい」(同社関係者)としている。

 ▽eスポーツ エレクトロニック・スポーツ(Electronic Sports)の略。コンピューターゲームで対戦し勝敗を争う競技。欧米を中心に1990年代後半から賞金の懸かるイベントが開催されるようになり、プロも出現。近年スポーツとして認識され始めた。インドネシアで開催された9月のアジア大会では公開競技として採用。日本代表として出場した杉村直紀(21)と相原翼(18)が「ウイニングイレブン」部門で優勝した。

 【芸能界とeスポーツ】

 ▽女性芸能人eスポーツクイーン決定戦「EQリーグ」 19年1月に開幕。ホリプロ、オスカープロモーション、松竹芸能など8チームが参戦。今年4月からプレシーズンマッチが行われ「太鼓の達人」などで戦った。

 ▽芸能人対抗eスポーツイベント ゴールデンボンバーの歌広場淳や矢口真里ら4チームが出場。1月と8月に開催され、ともに歌広場が優勝。

 ▽プロゲーマー育成 関根勤や稲村亜美らが中心メンバーの浅井企画ゲーム部を設立。プロゲーマーの育成や大会、イベントなどの運営も行う予定。

[ 2018年10月9日 06:32 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:11月22日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル