野性爆弾・くっきー、格付け個人パーフェクトでGACKTとのタッグ期待の声

[ 2018年10月9日 22:52 ]

「野性爆弾」のくっきー
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「野性爆弾」のくっきー(42)が9日、テレビ朝日系「芸能人格付けチェックMUSIC〜秋の3時間スペシャル〜」(火曜後7・00)に出演。チームでは1問不正解だったが、個人ではパーフェクトを達成し、最終的にチームで成り上がり“一流芸能人”の称号を得た。

 同番組では、芸能人がチームを組んで様々なチェックに挑戦。間違えると一流→普通→二流→三流→そっくりさんとランクダウンし、最後には“映す価値なし”として画面から消えてしまうもの。

 今回は“一流の音”を見極める6つのチェックをが用意された。

 くっきーはお笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基(44)と組んで「チームミュージシャンかぶれ芸人」を結成。チェック2の「声楽」で後藤が不正解し、チームとしては“普通”に落ちてしまうが、そこからは連勝を重ね、唯一最終チェックまで“普通”ランクをキープし続けた。

 最終チェックはバイオリンとチェロの「三重奏」。3挺の総額は34億円とまさに“奇跡の三重奏”に果敢に挑んだのがここまで個人ではパーフェクトを続けるくっきー。答えを選択した理由に「ちゃんとなじんでいたというか。バラバラの音なんですけど、いっしょにまとまって…ねるねるねるねの様な…ねるねるケストラですね」と、常人では理解しきれない“くっきー節”も炸裂した。

 結果は見事正解で、くっきーは個人パーフェクトを達成するとともに、チームを“一流芸能人”にまでのしあげた。個展を開くと何万人規模で集客するほどの人気を誇るアーティスト芸人のくっきー。音楽面でも他の追随を許さぬほどの才能を見せつけた。

 ネット上では、個人パーフェクトの活躍もあってか、「年始の格付け、くっきーとGACKT氏組んでくれないかなあ〜〜w」と、“パーフェクトタッグ”の結成を待ち焦がれる気の早いユーザーのコメントも見受けられた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2018年10月9日のニュース