はるかぜちゃん「不覚でした」志望大学“受験できない”理由を告白

[ 2018年7月14日 20:21 ]

 はるかぜちゃんの愛称で親しまれている声優で女優の春名風花(はるな・ふうか=17)が14日、ブログを更新。「不覚でした」と自身の志望校を“受験できない”理由を明かした。

 「今日は第一志望の学校のワークショップに行ってきました。めちゃめちゃよかったです!!!ずーっと憧れていた学校だったので、直接指導がうけられて、すっごく嬉しかった!!!」とテンション高めに書き始めたが「でも…今日、ワークショップのあとの個別説明会で知ったのですが、その学校は基本的に芸能活動禁止らしいのです」と報告。

 「不覚でした。小中高は芸能活動NGなところがたくさんあるので、いちおう入学前にきちんとそのへんも確認してたんだけど、まさか大学で芸能活動禁止なところがあるなんてまったく考えてもみなかった」といい、「ちょっといま、ぼく大パニックで。どうしよう」と困惑。

 来年以降も出演作や芸能関係のオファーなどスケジュールが埋まっていると明かし「芸能活動NGな学校の場合『入学前にすでに決まっているお仕事』も断らなくてはならないのでしょうか?仮に、どうしてもそれが不可能だった場合は、合格しても、入学取り消しになってしまうのでしょうか。もし、学校関係者の方や卒業生の方で、このブログを読まれた方がいましたら、これからどうしたらいいか、どうか、相談に乗ってください」と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2018年7月14日のニュース