フジ「ユアタイム」今秋終了 昨年4月開始も“ショーンK”でつまずき

[ 2017年7月29日 05:30 ]

フジテレビ「ユアタイム」で進行役を担当している市川紗椰
Photo By 提供写真

 フジテレビの報道番組「ユアタイム」(月〜木曜後11・30、金曜後11・58)が今秋で終了することが28日、分かった。深夜の大型報道番組として昨年4月にスタートしたが、1年半でピリオドを打つことになった。

 番組はハーフモデルの市川紗椰(さや、30)が進行役を担当。当初は、経営コンサルタントのショーンKことショーン・マクアードル川上氏(49)がメインキャスターで、市川はサポート役の予定だった。

 しかし、放送開始前に川上氏に経歴詐称問題が浮上。急きょ降板する騒動があり、スタートからつまずく形になっていた。その後、試行錯誤が続いたが、視聴率争いでは苦戦が続いていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2017年7月29日のニュース