濱田龍臣 ウルトラマンジードに初変身 “先代”石黒英雄がエール「正義貫いて」

[ 2017年6月11日 16:05 ]

「ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」のグランドフィナーレに出演した(左から)ウルトラマンジード、濱田龍臣、石黒英雄、ウルトラマンオーブ
Photo By スポニチ

 人気ヒーロー・ウルトラマンの最新作「ウルトラマンジード」(7月8日スタート、毎週土曜前9・00)に主演する俳優の濱田龍臣(16)が11日、都内で行われた映画「ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」のグランドフィナーレにゲスト出演。初めて変身ポーズを披露した。

 51年の歴史で最年少のウルトラヒーローとなる濱田は、1年にわあたりオーブに変身するガイを演じ続けてきた“先代”の石黒英雄(28)に花束を贈り、「お疲れさまでした。僕もこんなに素晴らしい大団円を迎えられるよう、頑張っていきます」と宣言。石黒はお返しにガイのコートを濱田に託し「自分なりの正義を貫いて」とエールを送った。

 「ウルトラマンジード」の第1話のダイジェストも上映され、濱田は「アクションは多くなっています。こんな風になっているとは思わなかったので、これからが自分でも楽しみです」と意欲。そして、「決めるぜ、覚悟」の掛け声とともに変身ポーズを決め、ファンの盛大な拍手を浴びた。

 一方の石黒は、「あっという間の1年で、皆の力を借りて必死で戦ってきました。皆さんに愛されている作品だと実感した」としみじみ。共演の青柳尊哉(32)、高橋直人(25)、ねりお弘晃(28)と健闘を称え合っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年6月11日のニュース