松岡茉優、ラップで役作り 「カーズ」最新作で吹き替え版声優

[ 2017年6月6日 04:00 ]

映画「カーズ/クロスロード」の日本語吹き替え版で、クルーズ(左上)の声優を務める松岡茉優と、ストーム(左下)の声優を務める藤森慎吾(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
Photo By 提供写真

 女優松岡茉優(22)が、ディズニー/ピクサーのアニメーション映画「カーズ/クロスロード」(7月15日公開)の日本語吹き替え版声優を務める。

 キャラクター化された車たちが活躍するレースの世界を描く人気シリーズの最新作。今作は主人公の天才レーサーが今後の身の振り方に悩む物語。松岡はその主人公を支える相棒のトレーナー、クルーズ役。「言葉をまくし立てたり、音楽にノリながら歌ったりしてしゃべる、凄く陽気な子。ヒップホップをたくさん聴きました」と、ラップで役作りしたことを明かした。

 また「オリエンタルラジオ」の藤森慎吾(34)が、主人公のライバル・ストーム役。「クールでちょっと鼻につく感じの嫌な部分もある役。その感じをつかむのに時間がかかった」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年6月6日のニュース