「水カン」コムアイ連ドラ初出演 くりぃむ有田主演作で大胆演技

[ 2017年6月6日 06:23 ]

TBSのドラマ「わにとかげぎす」で連続ドラマに初出演する「水曜日のカンパネラ」のコムアイ。パチンコ店の店員を演じる
Photo By 提供写真

 奇抜なパフォーマンスで注目を集める音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイ(24)が、連続ドラマに初出演する。7月スタートのTBS「わにとかげぎす」(水曜後11・56)で、男を誘惑する女として大胆演技を見せる。

 「くりぃむしちゅー」の有田哲平(46)が連ドラ初主演することで話題の同作。友達ゼロのさえない男の人生が一変していく物語だ。コムアイはヤクザの組長(村上淳)の愛人役で、物語の鍵を握る役どころ。普段はパチンコ店員だが、自分に気がある男を誘惑しては利用していく悪女の一面もある。

 コムアイは「水曜日のカンパネラ」の主演・歌唱を担当。3人組だが、表舞台に立つのは自分1人だけ。透明感も艶っぽさも感じる美人ながら、ステージ上で鹿の解体をするなど、パフォーマンスは“異端児”とも称されるほど唯一無二のもの。プロデューサーは「とにかく圧倒的な存在感が一番の決め手」と起用理由を説明する。

 好奇心や探究心が旺盛なコムアイは、自身の出演シーンが終わっても共演者のシーンを熱心に見学。撮影では「表情がシーンのたびに変わって魅力的」(関係者)といい、男を誘惑する際に肌の露出や体を張ることも惜しまない。その姿勢に制作陣が急きょシーンを追加するなど、既に存在感を放っている。

 コムアイは「最高に奔放なキャストと最高にテンションの高いスタッフに囲まれ、私が頂いた役は話が進むごとにコロコロと印象の変わっていく道化のようなパチンコ店員です」と役柄を説明。「みんなの芝居に感動してるばかりですが、こっから頑張ります!」と意欲を見せている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2017年6月6日のニュース