嵐先生 セクゾにハードワーク指令?ワクワク学校 今年は「保健体育」

[ 2017年4月29日 05:30 ]

 嵐の恒例イベント「嵐のワクワク学校」が今年も開催されることになった。メンバーが代わる代わる先生になって観客に授業をするイベントに、今回は後輩グループのSexy Zoneが「助手」として初参加する。6月17、18日に京セラドーム大阪、7月8、9日に東京ドームで計6公演を予定している。

 7回目となる今回のテーマは「毎日がもっと輝くみんなの保健体育」。相葉雅紀(34)が「運動(スポーツ)を好きになろう!」、櫻井翔(35)が「男らしさ、女らしさを考えよう!」など、5人がそれぞれ別のテーマの授業を繰り広げる。製作側によると、嵐のメンバーはジャニーズのデビュー組で最年少となるSexy Zoneに「体を動かす授業での助手たちのハードワーク」を期待しているという。

 松本潤(33)は「日々を過ごす中で何げなくやっていることや当たり前だと思っていることにスポットを当てて、毎日がワクワクするような体験をみんなで感じたい」とイベントに向けて抱負。Sexy Zoneとの共演を「同じ5人組のフレッシュなメンバーとそれぞれタッグを組んで楽しい授業をお届けします!皆さんと嵐とSexy Zoneで、一緒にワクワク体験しましょう!!」と心待ちにしている。

 同イベントは11年6月、東日本大震災の影響による電力不足を受け、東京ドームのコンサートを中止する代わりにチャリティーイベントとして開催されたのが始まり。収益の一部を東日本大震災と熊本地震の被災者に寄付する。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2017年4月29日のニュース