情に厚い男だった渡瀬さん「南極物語」タロとジロ 共演後も飼い続けた

[ 2017年3月16日 05:30 ]

渡瀬恒彦さん死去

1983年1月、映画「南極物語」に出演したタロ、ジロを自宅で飼育することになった渡瀬恒彦さん
Photo By スポニチ

 情に厚いことでも知られた渡瀬さん。人間と犬の絆を描いた映画「南極物語」の撮影で、北極圏から日本に連れて来られたハスキー犬16頭について「ラストシーンの情感を盛り上げるために一緒に生活した方がいい」と申し出。自身が演じる役と劇的な再会を果たす兄弟犬タロとジロ役の2匹を自宅に引き取って飼育。撮影後も「もう厳しい環境には戻せない」との理由で飼い続けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2017年3月16日のニュース