鈴木奈々 SMAP解散に涙目「通勤電車の中で涙が止まらなかった」

[ 2016年8月14日 10:56 ]

鈴木奈々

 モデルでタレントの鈴木奈々(28)が14日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に生出演。「SMAP」が年内いっぱいでの解散を発表したことについてコメントした。

 幼い頃からファンだったという鈴木は「初めて好きになったアーティストがSMAPさんだった」と切り出し、「幼稚園の頃にCDを買ってもらって、よく聞いていたので、1つひとつのCDに思い出が詰まっている」と思いを吐露。「今日、出勤途中ので電車の中でずっと聞いていたんです。SMAPさんの音楽を聴きながら、涙が止まらなかった」と泣きそうな顔で話した。

 メンバーと同世代になる医師でタレントの西川史子(45)は「同世代なのでずっと見てきていた人たちが解散するのはすごい残念だった。スマスマに出られるとか、キムタクと共演できるのは私にとっては特別なことだった」と話した。

 グループ最年長の中居正広(44)、木村拓哉(43)と同じ年となるホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(43)は「事務所に残りながらバラバラになるのは相当確執があったんでしょうね。じゃなかったら、こうはならない。残るんだったら、存続か、誰かが辞めるというのが普通だと思う。全員残ってソロ活動をする…すごいですね」としみじみ話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2016年8月14日のニュース