白石まるみ 守永真彩と親子でKOC挑戦、セクシーネタでノリノリ

[ 2016年7月28日 06:00 ]

「キングオブコント2016」挑戦会見にセクシーコスプレで登場した白石まるみ(左)と守永真彩

 タレントの白石まるみ(53)と長女でタレントの守永真彩(24)親子が27日、都内で「キングオブコント2016」挑戦会見を行った。

 2人は白石の自前という警官コスプレで登場。コンビ名「WM(ダブルエム)」として出場することを表明した。

 白石は「“何でも初めてシリーズ”というのを自分で目標にしている」と明かし、14年には「『大人AKB』に応募して、最終選考に残り、去年は芸能人初の親子グラビアで親子で手ブラに挑戦した。今年は何に挑戦しようかと悩んでた時に、コレだ!って思いました」と白石の方から誘ったことを告白。一方の守永は「去年の手ブラも結構こたえたが、今年は『キングオブコント』って言い出して。この人はすごいな、どこまでやるんだと思ったが、親子初、ということで私も頑張ります」と語った。

 チャレンジ日も8月1日に決まり、「ネタにもセクシーな要素を取り入れる」(白石)と意気込み。しかし、守永は「見る人が見ればセクシー、見る人が見ればゲテモノ…そんな感じです」と苦笑いしていた。優勝賞金1千万を手にした時の使い道は?という質問に、白石は「寄付します!と言いたいですが、家のローンに…」と現実的な考えを語っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2016年7月28日のニュース