松潤×有村架純 禁断の恋…高校教師と元教え子 ベッドシーンも

[ 2016年7月14日 05:30 ]

映画「ナラタージュ」で松本潤と共演する有村架純

 嵐の松本潤(32)と女優の有村架純(23)の共演で恋愛映画が製作される。「世界の中心で、愛をさけぶ」などで知られる行定勲監督が手掛ける「ナラタージュ」(来年秋公開)。松本が高校教師役で主演し、有村がその教え子だった女子大生のヒロイン役を演じる。

 累計発行35万部を突破した、島本理生さんの同名小説が原作。卒業した高校の演劇部を手伝い始めたヒロインが、片思いしていた高校時代の恩師と再会。心を通わせていくが、それは許されない恋だったという物語。映画化を行定監督が熱望した。

 松本は主演ドラマ「99・9~刑事専門弁護士~」(TBS)の全10話の平均視聴率が17・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で民放の今年の連続ドラマでNo・1ヒット。有村は来年のNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」のヒロインに決まるなど、今もっとも勢いに乗る。2人の映画共演は初めて。劇中ではベッドシーンもあり、人気者同士の熱く切ない恋模様を描く今作は注目を集めそうだ。

 松本は初の教師役。眼鏡をかけて役作りし撮影に臨んでいる。大人の恋愛をテーマにした作品に「恋愛というのは、感じ方や受け取り方が人それぞれ違うモノ。でも人の心が人の心を動かす瞬間は誰もが共感してもらえるモノだと信じています」と強調。「有村さんと一緒に、清らかであるのと同じほど、苦しい心模様を表現していきたい」と話している。一方、有村も「とても繊細な恋愛模様を大切に大切に演じていきたい」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2016年7月14日のニュース