「笑点」新メンバーは林家三平「うちの佐智子、嫁も知りません」

[ 2016年5月29日 17:40 ]

日本テレビ「笑点」の新メンバーに決まった落語家の林家三平

 落語家の二代目林家三平(45)が29日、日本テレビの演芸番組「笑点」(日曜後5・30)の新メンバーに加わった。6代目司会者に就任した春風亭昇太(56)の初司会となったこの日の生放送で発表された。

 林家木久扇(78)と三遊亭円楽(66)の間に座った三平は、紋付き袴姿。「番組の偉い人から今日までしゃべっちゃダメだよとずーっと言われて、頑張って我慢してきました。ですから、うちの(女優の国分)佐智子、嫁も知りません。どうぞ、よろしくお願いします」とあいさつした。

 1966年5月15日の初回放送から50年間レギュラー出演した桂歌丸(79)が先週22日、番組を卒業。後任の新司会者には昇太が選ばれ、大喜利回答者メンバーの席が1つ空いた。

 「笑点」に新メンバーが加わるのは2006年5月の昇太以来10年ぶり。

 新メンバーについては、昇太が23日、ニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」(月~金曜前11・30)で「知っているんですが、高田先生には言えません」と言葉を濁し、25日には水曜レギュラーを務める同番組で「(新メンバーは)誰かは知っていますが、着物の色は知りません」と話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「志村けん」特集記事

2016年5月29日のニュース