峰竜太ドラマに峰ジュニア 父の付き人から12年ぶり連ドラ

[ 2014年8月19日 06:00 ]

峰竜太(左)と海老名みどり夫妻(05年3月撮影)

 俳優峰竜太(62)の長男、下嶋兄(けい、31)が12年ぶりに連続ドラマに出演する。小泉孝太郎(36)主演のTBS「ペテロの葬列」(月曜後8・00)で、物語のカギを握る謎の女性(冨士眞奈美)の息子役として、25日放送の第8話に登場する。

 下嶋の母親は初代林家三平さん(故人)の長女でタレントの海老名みどり(61)。下嶋は両親から譲り受けた、大きな瞳が印象的な爽やかな雰囲気を持つ好青年でジャニーズ事務所に所属する俳優だが、勉強のため、峰の付き人を務めてきた。

 今回の連ドラ出演は2002年の同局「夢のカリフォルニア」以来。「ペテロ…」で、事件の発端となるバスジャック事件の人質の一人として出演中の峰の傍らで、裏方として働いていた下嶋の姿を見た制作サイドが俳優として出演依頼を行った。

 鈴木早苗プロデューサーは「役柄が真面目な青年という設定で、配役を探していたところ、付き人をしている下嶋さんの真面目な姿を見てピッタリだと思いました」と説明。撮影では、コンビニの店員の衣装をまとい、話のポイントとなる大切なシーンを熱演した。

 下嶋は「外から見ているのと、実際演じるのとでは違うというのを実感しました」としみじみ。テレビ信州の情報番組で司会を担当するなどトーク力には定評があり、今後は、峰のようなバラエティーと俳優業の両方で活躍できるマルチな活動が期待される。今回が本格的な俳優業のスタートになりそうで「一つ一つ全力でお仕事をさせていただき、経験を生かしていろいろな活動ができたらと思います」と意欲を語った。

 ◆下嶋 兄(しもじま・けい)1983年(昭58)1月13日、東京都生まれの31歳。帝京高校時代はサッカー部で活躍、19歳でジャニーズ事務所入り。現在はテレビ信州の夕方の情報番組で金曜日の司会、ラジオ日本「峰竜太のミネスタ」で月曜のリポーター、スポーツ専門チャンネル「J SPORTS」でプロ野球のリポーターなどを務める。身長1メートル70。血液型O。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2014年8月19日のニュース