押切もえ ハワイで初海外ランウエー「次はバージンロード」

[ 2013年6月2日 06:00 ]

ハワイ最大のファッションショー「ハワイアン・メイ!コレクション2013」に登場し、さっそうとランウエーを歩く押切もえ

 米ハワイ州ホノルル市内で31日(日本時間1日)、同州史上最大規模のファッションショー「ハワイアン・メイ!コレクション2013」が行われ、日本から蛯原友里(33)、押切もえ(33)らが出演した。

 ワイキキビーチに立地するザ・ロイヤル・ハワイアン・ホテル敷地内の特設会場で開催。コーラルブルーの海に向かってランウエーが延び、“エビ・もえ”の2人は涼しげなリゾートファッションに身を包んで登場。ダイヤモンドヘッドを横目に歩いた。蛯原は「目の前がビーチなんてステキ。自然に、人にパワーをもらえる場所」と笑顔で話した。

 州観光局の親善大使を務める道端ジェシカ(28)、吉川ひなの(33)ら日本のモデル10人以上が登場。約3000人が歓声を送った。

 蛯原は昨年4月の上海に続いて2度目、押切にとっては初の海外ファッションショー。

 ゲストモデルで登場したパリス・ヒルトン(32)と初対面した押切は「オーラのある人だけど、優しくしてもらった。さすが世界のファッションリーダー」と興奮気味。記念すべき“海外デビュー”となったハワイは、プライベートなどでは何度も訪れており「言われて気付きました。初めての海外がハワイで良かった」と上機嫌。来年以降の開催は未定だが「早くハネムーンでハワイに来たい。次にこのランウエーを歩く前に、バージンロードを歩けたらいいんですけどね」と続け、笑わせた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2013年6月2日のニュース