世代交代クッキリ 10代躍進で20代ちょう落…たかみなもこじはるも苦戦

[ 2013年5月23日 06:00 ]

東京ドームシティホールで行われたAKB48の公演で、総選挙の速報値の発表に笑顔を見せる松井珠理奈(C)AKS

「AKB48第5回選抜総選挙」速報値発表

 10代の躍進、20代のちょう落。速報値では、AKB48に迫る世代交代の様相がクッキリと表れた。

 次世代エースの筆頭格で、昨年2位の渡辺麻友(19)は指原に次いで2位。「昨年“1位を獲る”と言ったので実現するように頑張りたい」と話している通り、センターを狙える好位置。第2、3回は速報2位のメンバーが、最終的に逆転1位となっているだけに期待が持てそうだ。

 SKEのエース、松井珠理奈(16)は4位。昨年23位の島崎遥香(19)は7位に急上昇し、総選挙で初めての選抜入りへ向け大きく前進。“おばかキャラ”でブレーク中の川栄李奈(18)は33位。過去2回はいずれも64位以下の圏外で、大躍進と言えそう。この日のイベントでも「下克上したい?」と聞かれると、首をひねりながら「下から上に上がるってことですよね?ぜひ、下から上に上がりたいです」とおばかキャラ丸出しで話していた。

 一方、思わぬ下位スタートとなったのが選抜常連組の20代メンバー。総監督の高橋みなみ(22)が18位、小嶋陽菜(25)が20位と、選抜のボーダーラインとなる16位より下。さらに昨年5位で、後輩に「つぶすつもりで来てください」とけしかけた篠田麻里子(27)も15位だ。

 いずれもAKBを初期から支え「神セブン」と呼ばれた人気メンバー。あくまでも速報の順位ではあるが、ファンには驚きの結果となった。毎年速報から順位を上げている小嶋らが、どこまで“ベテランの意地”を見せられるか注目だ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2013年5月23日のニュース