華原朋美 新曲MV完成「私の過去も“成仏”できる」

[ 2013年4月5日 08:21 ]

新曲「夢やぶれて―I DREAMED A DREAM―」のミュージックビデオでフルオーケストラをバックに鬼気迫る表情で熱唱する華原朋美

 華原朋美(38)の7年ぶりの新曲「夢やぶれて―I DREAMED A DREAM―」(17日発売)のミュージックビデオが完成した。

 原曲が使用されている公開中の映画「レ・ミゼラブル」へのオマージュを込めており、33人のオーケストラをバックに歌い上げる姿は圧巻。約4分間のノーカット映像となっており、気持ちの高ぶりが鬼気迫る表情から伝わってくる。

 3月上旬に都内のスタジオで撮影。活動休止から復帰にいたるまで支えてくれた人の顔が浮かんできたという華原は「その優しさに対する、自分の過去の情けなかった部分への思いがこの映像に詰まっている。そういった私の過去も“成仏”できると思う」と話している。17日に東京・恵比寿ガーデンプレイスで発売記念イベントを行う。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2013年4月5日のニュース