金爆・歌広場のバー 自主的に営業停止を続ける「システム調整中」

[ 2013年3月18日 11:03 ]

バーの営業停止は切れたが、自主的に営業停止を続けると報告した「ゴールデンボンバー」の歌広場淳

 「ゴールデンボンバー」の歌広場淳(27)がプロデュースしたフルーツパーラー「オータムリーフ」が17日まで警察から営業停止の処分を受けたことについて、しばらくは営業を自粛することが18日、分かった。17日深夜、歌広場が自身のブログで自身が明らかにした。

 「涙で花が咲くものか」と題してエントリーした歌広場は「警察からの指導による営業自粛は本日までですが、皆様にご迷惑をおかけせずに営業するためのシステムを調整中です。」とし「勝手ながら、もうしばらく営業自粛期間を設けたいと思います」と報告した。

 さらに「お待たせしてしまい大変申し訳ございません。」と改めて謝罪。「営業再開の目処が立ちましたら公式HPと公式Twitterでご案内致しますので、どうぞそちらをご覧下さい」と誠意ある言葉をつづっている。

 そして「また、一応のオープンを区切りに、僕のブログやTwitterでのオータムリーフ関係のお知らせを控えさせて頂きますので、ご了承下さい」と人柄をしのばせる対応をした。

 14日に秋葉原にオープンした「オータムリーフ」は注目を浴び過ぎて大混雑。警察まで出動する騒ぎになっていた。そのため、同日のバータイムの営業をとりやめて17日まで警察から営業停止の指導を受けていた。

 

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2013年3月18日のニュース