“芸人引退”宣言の中山功太 「コウタ・シャイニング」に改名

[ 2013年1月1日 15:09 ]

「コウタ・シャイニング」に改名した中山功太

 2009年のR-1ぐらんぷりを制したピン芸人・中山功太(32)が1日、「コウタ・シャイニング」に改名した。自身のブログとツイッターで発表した。

 「マルチな活躍を目指して一から活動していく運びとなりました。今後とも応援、御指導、御鞭撻の程を宜しくお願い申し上げます」としている。

 中山は昨年9月に「負ければ芸人引退」の条件の下、お笑いコンビ「麒麟」の川島明(33)と大喜利対決をしたが、敗北を喫した。約束通り引退を宣言したが、その後、タレントとして再出発を切ることになっていた。

 この日、自身のツイッターで「肝心のタレント活動ですが、まずは通信販売の司会を本気で狙います」と投稿。さらに「自信を持って言わせて頂きます。面白いか面白くないかは分かりませんが、客観的にみて、中山功太は本当に良い芸人でした。僕の理想のピン芸人でした」と振り返り「コウタ・シャイニングは良いタレントになります」と意気込んでいる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「純烈」特集記事

2013年1月1日のニュース