板東英二「世界ふしぎ発見」降板の可能性あり 出演当面見合わせ

[ 2013年1月1日 10:23 ]

「世界ふしぎ発見!」の出演を見合わせることになった板東英二

 元プロ野球選手のタレント板東英二(72)の個人事務所が名古屋国税局から所得隠しを指摘された問題で、TBSは人気長寿番組「世界ふしぎ発見!」(土曜後9・00)の板東のレギュラー出演を当面見合わせることを決定した。

 同局は「今般の事情を鑑み、板東氏の出演は当面、控えることといたします」としている。同局関係者によるとスポンサーが社会的な影響を考慮した。板東は番組がスタートした86年から出演し、黒柳徹子(79)と正解を競う人気解答者だったため、関係者の間には衝撃が走っている。今年の初回の12日分から出演を見送り最悪の場合、降板になる可能性まで出てきている。

 板東の個人事務所「オフィスメイ・ワーク」(名古屋市名東区)は、2011年8月期までの7年間で約7500万円の申告漏れを指摘され、うち約5000万円は取引先への架空外注費などによる所得隠しと認定された。重加算税を含めた追徴税額は約2800万円で、既に修正申告しているというが、問題を深刻に受け止める放送局が続出している。

 中部日本放送が板東が出演予定だった新春特番の放送を中止。名古屋テレビ放送も朝の情報番組「ドデスカ!」への出演を当面見合わせた。不定期出演中の日本テレビ系「ミヤネ屋」も出演を見合わせる方向で検討しており、お茶の間の人気者がテレビから消えるという深刻な事態になっている。板東の金銭にまつわるトラブルでは、96年に株運用をめぐる恐喝疑惑が週刊誌で報じられたことがある。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2013年1月1日のニュース