板東英二事務所が申告漏れ 国税庁のポスターにも起用が…

[ 2012年12月28日 06:00 ]

個人事務所が申告漏れを指摘されていた板東英二

 元プロ野球選手のタレント板東英二(72)の個人事務所「オフィスメイ・ワーク」(名古屋市名東区)が名古屋国税局の税務調査を受け、11年8月期までの7年間で約7500万円の申告漏れを指摘されていたことが27日、分かった。

 うち約5000万円は取引先への架空外注費などによる所得隠しと認定された。重加算税を含めた追徴税額は約2800万円で、既に修正申告しているという。関係者によると、同社は大阪府のイベント企画会社にテレビ番組の企画・制作を外注したように装って所得を圧縮するなどしたほか、板東個人の費用を経費として計上した。

 中部日本放送(名古屋市)は27日、来年1月1、2日に放送予定だった板東出演の新春特別番組「そこが知りたい特捜!板東リサーチ」2本の放送を中止すると発表。板東は88年に国税庁のポスターに起用されて以来、期限内の確定申告を呼び掛ける国税庁のPR活動をしてきた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2012年12月28日のニュース