「カサブランカ」のピアノ競売 日本人が出品 1億円弱で落札か

[ 2012年12月9日 08:03 ]

 競売大手サザビーズは8日までに、映画「カサブランカ」の名場面に使われたピアノを14日にニューヨークで競売すると発表した。

 落札予想価格は120万ドル(約9900万円)。

 ピアノは1930年代に米ロサンゼルスで作られたと推定され、小型で緑と黄色のデザイン。88年に日本人コレクターが同社の競売で購入し、AP通信によると今回その日本人が出品する。88年の落札額は15万4000ドルだった。

 映画はハンフリー・ボガートとイングリッド・バーグマンの共演で、アカデミー賞作品賞、監督賞、脚色賞を受賞。このピアノで演奏された「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」は世界的に有名になった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2012年12月9日のニュース