初センターぱるる“ぽんこつの心”歌う AKB新曲「永遠プレッシャー」

[ 2012年11月8日 06:00 ]

AKB48の新曲「永遠プレッシャー」のジャケット。2段目の左から3人目が島崎遥香

 AKB48が9月18日の第3回じゃんけん大会で歌うメンバー16人を決めた通算29作目のシングルは、曲目が「永遠プレッシャー」に決まった。12月5日に発売。優勝した島崎遥香(18)が初めてセンターを務める。

 曲の世界観は、トークもダンスも発展途上で、一部のファンから「ぽんこつ」の愛称で親しまれる次期エース候補の今の心境を反映。じゃんけん大会優勝直後に「アイドルソングを歌いたい」と熱望した通り、王道アイドル路線のアップテンポのメロディーに仕上がっている。

 島崎も「自分に自信がない女の子の気持ちを歌った曲で、最初歌詞を見た時に“秋元先生はどうして私のことが分かるんだろう?”と思いました。たくさんの方に歌ってもらえるとうれしいです」と喜んでいる。

 CDのジャケットは女子寮の窓から16人が顔を出す設定。「女子寮クラフトパッケージ」と称したユニークな仕様になり、ケースから取り出して折り紙の要領で折っていくと寮が完成する仕組み。窓をのぞくメンバーの後ろ姿なども見えるようになっている。

 また、8月に発売されたアルバム「1830m」の購入者を対象にしたファン投票「ミュージック・ビデオ・リクエスト2012」の結果も発表。これまでビデオが存在しなかったAKB48グループの曲の中から上位人気3曲を決める企画で「チームB推し」「ファーストラビット」「桜の花びら~前田敦子solo ver.~」が選ばれた。「永遠…」の特典映像として、それぞれ収録される予定となっている。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2012年11月8日のニュース