吉本100周年公演 せいじ&内場が懐かしの名場面再現

[ 2012年10月8日 06:00 ]

奥目で知られる岡八朗さんのネタで、目元で一升瓶の栓を抜くギャグを披露する岡さん役の千原せいじ(左)と花紀京役の内場勝則

 吉本興業創業100周年記念公演「吉本百年物語」10月公演「これで誕生!吉本新喜劇」が7日、大阪・なんばグランド花月で初日を迎えた。

 新喜劇のスター、花紀京(75)と故岡八朗さんの出会いや若手時代の苦労を描いた物語で、当時の台本を手がけていた落語家の笑福亭松之助(87)の口上で開幕。絶妙の間とボケで知られる花紀役を吉本新喜劇座長の内場勝則(52)が熱演すれば、「奥目の八ちゃん」として人気を集めた岡さんに扮した千原せいじ(42)も、岡さんのネタの一つで一升瓶の栓を目元で抜くギャグを披露。うどん店を舞台に、2人が酒を酌み交わしながらボケる名場面も再現した。

 カーテンコールのダンスショーではハプニングも発生。タキシードを着て登場するはずの内場だったが、手違いで身長1メートル82と大柄のせいじの衣装を手渡され、ダボダボのズボン姿に。まさかのドタバタ劇に「最後も笑っていただけたのでは」と照れ笑い。一方、せいじは「きょうより明日(8日)の方が大変そう。岡師匠の娘さんが舞台を見に来られると聞いているので早く稽古しないと」と緊張気味だった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2012年10月8日のニュース