チュートリアル徳井 倍賞美津子のビンタ「さすが猪木さんの元奥さん」

[ 2012年4月1日 06:56 ]

 吉本興業が中心となって沖縄県宜野湾市で24日から開催してきた「第4回沖縄国際映画祭」が31日、閉幕した。

 チュートリアルの徳井義実(36)は主演映画「莫逆家族バクギャクファミーリア」(監督熊切和嘉、9月8日公開)の上映前に舞台あいさつを行った。共演した倍賞美津子(65)からビンタされるシーンを振り返り「凄い迫力で、温かみもあって胸が熱くなりました。さすが猪木さんの元奥さん。僕は猪木さんにも何年か前にビンタされたことありますし」と明かして笑わせた。

 ビーチステージでのライブにはNMB48が出演。5月9日発売の第4弾シングル「ナギイチ」を初披露した。

 各受賞作も発表され、一般審査による海人賞グランプリはラフ部門がタイ映画「SuckSeed」、ピース部門が香港映画「Tao Jie」。それぞれ賞金250万円が贈られた。特別審査員が選ぶゴールデンシーサー賞も「Tao Jie」で、2冠を達成。今回は8日間で史上最多の41万人を動員。来年も3月23日から8日間、同所で開催される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2012年4月1日のニュース