「嵐」 震災後初めて5人そろって被災地ライブ

[ 2012年2月23日 06:00 ]

 「嵐」が22日、東日本大震災の被災地である宮城県七ケ浜町でミニライブを行った。メンバー5人がそろって被災地を訪れるのは震災後初めて。

 ライブ前には同町の仮設住宅や、津波の爪痕が残る石巻市街を訪問し、松本潤(28)は「仮設住宅や、がれきが今なお積まれているところを見て、まだまだ復旧・復興には時間が必要と感じた」と話した。公演では「Happiness」など11曲を披露。この模様は、3月7日に日本テレビで3時間にわたって放送される音楽特番「日テレ系音楽の祭典 音楽のちから 2012」(後7・00)で紹介される。同番組は櫻井翔(30)が司会を担当。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

2012年2月23日のニュース