「水戸黄門」継続求め TBSに10万6000人分の署名提出

[ 2011年11月30日 20:54 ]

 年内に放送終了を迎えるTBS系時代劇「水戸黄門」の継続を求め、高橋靖水戸市長と市民団体の代表が30日、同社を訪問し、全国から集まった約10万6千人分の署名を提出した。

 高橋市長は「水戸市としてもできる限りの協力を行うので再考いただきたい」と要望。対応したTBSの難波一弘編成制作局長は「思いは伝わっているが、(終了は)検討を重ねた決断。理解してほしい」と述べた。

 水戸市は8月にも継続を求める要望書を提出。高橋市長は「引き続き署名活動を続けていく」とコメントした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年11月30日のニュース