東山紀之がカミングアウト!実は“虎ファン”

[ 2011年5月26日 06:00 ]

 「少年隊」の東山紀之(44)が25日、大阪市内であった主演映画「小川の辺(ほとり)」(7月2日全国公開、篠原哲雄監督)試写会の舞台あいさつで、自身が阪神ファンであることを“告白”した。

 東日本大震災チャリティーで、被災地への思いを語った後、突然、「最近は阪神の調子が悪いので気掛かりなんです」と切り出した。共演の歌舞伎役者、片岡愛之助(39)から「いつから阪神ファンに」とツッコミを入れられると「実は自分でも気付かないうちに。大阪に来たからと言ってゴマすっているわけじゃないですよ。阪神が勝つとうれしい自分がいる」と話すと、会場から拍手が沸いた。関係者によると、東山は神奈川県出身だが、時代劇「必殺仕事人」の撮影などで関西に来ることが増え、周りの阪神ファンに影響を受けたという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年5月26日のニュース