温首相 SMAPと交流「歌で友情の種植えて」

[ 2011年5月21日 21:43 ]

 来日中の中国の温家宝首相は21日、都内のホテルで、今年、中国でのコンサートを予定している人気グループSMAPと交流、「是非中国での公演で中日間の友情の種を植え、きれいな花を咲かせてほしい」と話した。SMAPはヒット曲「世界に一つだけの花」を中国語で披露して応えた。

 ジャニーズ事務所によると、SMAPは9月16日に北京で海外初となるコンサートを予定している。SMAPは中国でも人気が高く、来年の日中国交正常化40周年に向け、日中友好の機運を高める狙いもあるとみられる。

 SMAPは昨年6月、上海万博の会場でイベントを開く予定だったが、会場の混乱を懸念して中止。また、同年10月に予定していた上海でのコンサートも、中国漁船衝突事件を受けた日中関係の悪化で中止となった。

 リーダーの中居正広は交流後、記者団の取材に応じ「(度重なる中止は)残念だった。初の海外ライブを中国でやりたいという気持ちは強かった」と意気込んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2011年5月21日のニュース