PR:

佐渡裕さん「夢を実現」の登壇 小澤征爾さん以来の偉業

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の定期公演で初めてタクトを振る佐渡裕さん

 欧州などで活躍する世界的指揮者の佐渡裕さん(50)が20日、世界有数の名門オーケストラとして知られるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の定期公演で初めて指揮し、会場を埋めた2千人以上の聴衆を魅了した。

 ベルリン・フィルを指揮したのは、これまで同楽団の音楽監督を務めたカラヤンら著名音楽家ばかり。近年で日本人としては恩師の小澤征爾さん(75)以来。

 京都市生まれの佐渡さんは、小学校の卒業文集で「大人になったら、ベルリン・フィルの指揮者になる」と書いた。
 「私は約40年前の夢を実現できた。被災地の方々には夢を持ち続けてほしいというメッセージを送りたかった」と語った。演奏はCDとDVD化し発売を予定、印税分を東日本大震災の義援金に充てるという。
 佐渡さんは、阪神大震災からの文化復興のため建設された兵庫県立芸術文化センターの芸術監督も兼務する。

 公演で指揮した曲は、武満徹の現代音楽「フロム・ミー・フローズ・ホワット・ユー・コール・タイム」と、ショスタコービッチの交響曲第5番。終了後、熱演に聴衆から大きな拍手が鳴りやまず「ブラボー」の声が飛んだ。

 ▼佐渡裕さんの話 夢のベルリン・フィルの指揮台に立ててうれしい。世界トップのオーケストラから出てくる音は違う。自分の目指す「新しい扉」が開いたような気がする。お客さんの温かい拍手もうれしかった。さすがに泣いてしまった。
 公演の前に東日本大震災があった。東北各地で演奏会を開き、小学校を回って授業もした。この(ベルリン・フィルの)仕事を全力でやり遂げる姿を子どもたちに見せたかった。(共同)

[ 2011年5月21日 11:27 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:08月21日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル