シュワ前知事が離婚へ ケネディ家出身の妻と25年でピリオド

[ 2011年5月10日 13:35 ]

2003年10月、カリフォルニア州知事選挙で勝利したアーノルド・シュワルツェネッガーと妻のマリア・シュライバーさん

 米カリフォルニア州のアーノルド・シュワルツェネッガー前知事(63)と妻のマリア・シュライバーさん(55)が9日、離婚することを明らかにした。ロサンゼルス・タイムズ紙(電子版)などが伝えた。

 2人は「何度も考えて話し合った結果、この結論に達した」との連名の声明を発表した。2人は1986年に結婚、4人の子どもがいる。

 シュライバーさんは故ケネディ元米大統領のめいで、テレビリポーターをしていた。2003年の知事選では、過去のセクハラ行為が発覚して批判されたシュワルツェネッガー氏を援護、当選に貢献した。同氏は今年1月まで知事を務めた。

 シュライバーさんは08年の米大統領選でオバマ氏を応援するなど民主党支持者で、共和党のシュワルツェネッガー氏とは政治的に一線を画しているとされてきた。(共同)

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年5月10日のニュース