一貫して報道畑を歩む“硬派”小川アナ 日本舞踊は名取の腕前

[ 2011年3月11日 08:38 ]

 4月4日からテレビ朝日「報道ステーション」(月~金曜後9・54)の3代目サブキャスターを務める小川彩佳アナウンサーは、東京都出身の26歳。青山学院大を卒業後、2007年にテレビ朝日に入社した。

 入社半年で日曜朝に放送されていた政治討論番組「サンデープロジェクト」司会に抜てきされると、その後継番組で、小宮悦子キャスター(52)がメーン司会を務める「サンデー・フロントライン」でもサブキャスターを担当。夕方の「スーパーJチャンネル」にはニュース担当リポーターとして登場するなど、報道番組を中心に活躍している。

 特技は小学生時代から習っているという日本舞踊で、花柳流名取の腕前。音楽好きでもあり、テレビ朝日の公式サイトに掲載されている日記にはいきものがかり、ボンジョヴィなどのライブに行ったことが綴られている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2011年3月11日のニュース