桜井翔にとって“青い鳥”は「嵐メンバー」

[ 2011年3月10日 06:00 ]

 嵐の櫻井翔(29)が9日、都内で行われたアフラックの「生きるためのがん保険Days」新キャンペーン発表会に出席した。

 櫻井がイメージキャラクターとして14日から放送される同保険の新CM「青いダック 登場」編に出演していることから参加したもので、青いダックの形をした1000個のエコバルーンを放つため、テープカットを行うなどPRに努めた。

 アフラックのCMキャラクターである青いダックと共演した櫻井。今回は“普段は気がつかないが、いつもそばにあるしあわせ”の象徴として、童話の「青い鳥」ならぬ「青いダック」として現れる。自分にとっての青い鳥は?と聞かれた櫻井は「嵐のメンバーです。僕はそう思っています」と答え、グループ仲の良さをうかがわせた。

 今回のCM起用に関しては「同世代の方ががん保険を身近に感じてもらえるきっかけになればいいですね。1人でも多くの人に、それぞれがベストの治療を受けられる環境が整ったらいいなと思っています」と期待を込めていた。

 また、「青いダック 想い」編も22日から放送される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「内田裕也」特集記事

2011年3月10日のニュース