毎コン受賞監督 40社からオファー全て断った

[ 2011年2月5日 06:00 ]

トロフィーを贈呈され笑顔のヤン・イクチュン監督

 第65回毎日映画コンクールで外国映画ベストワン賞に選ばれた「息もできない」のヤン・イクチュン監督(35)に4日、毎日新聞東京本社(千代田区)でトロフィーが贈呈された。

 仕事の都合で8日の表彰式には出席できないため前倒しで来日した監督に直接手渡されたもの。韓国映画が同賞を受賞するのは初の栄誉。笑顔の監督は「国内外から高い評価をいただき、自分を取り巻く環境が変わりました。(次作にと)40社からオファーも来ました。しかし、全てお断りしました。映画は日常の中から生まれてくるもの。今は日常を回復させることが一番。皆さんがこの作品を忘れた頃にまた戻って来ます」と確固たるポリシーを披露した。5日からシネマート新宿でアンコール上映が始まる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「騒動特集」特集記事

2011年2月5日のニュース