エビちゃん結婚発表!6月にパリの教会で挙式

[ 2010年5月10日 06:00 ]

結婚したことを発表した蛯原友里と「RIP SLYME」のILMARI

 「エビちゃん」の愛称で人気のモデル、蛯原友里(30)が9日、人気ヒップホップグループ「RIP SLYME」のILMARI(イルマリ、34)と結婚したことを所属事務所を通じて発表した。6月中旬にフランス・パリ近郊の教会で挙式する。

 若者に大人気のカップルがついにゴールインした。蛯原は直筆の書面で結婚を報告。「私の人生において、とても大切な存在です。これから2人で共に支え合い、人生最高のパートナーとして笑顔の絶えない温かい家庭を築いていきたいと思っておりますので、温かく見守っていただければと思っております」と新妻になった喜びをつづっている。一方のILMARIはコメントを発表しなかった。
 蛯原の所属事務所では、婚姻届提出時期について「本日(9日)まで」としており、具体的な日にちについては明かさなかった。友人によると、クリスマスイブ前日の昨年12月23日。同年4月の交際開始からわずか8カ月でのスピード婚となる。
 蛯原は結婚後、双子の妹の英里さん(30)夫妻と暮らしていた家を出て、ILMARIとの新生活を開始。妊娠はしていないものの、英里さんと「同じ時期に子供を産んで一緒に育てたい」と話しているという。これまで通り仕事を続け「一生モデルでいたい」とモデル業を極める覚悟だ。
 ILMARIが35歳の誕生日を迎える6月中旬には、パリ近郊の教会でジューン・ブライド。フィンランド在住のILMARIの母をはじめ、互いの家族、親族、友人ら約50人が出席する予定。蛯原は自身がプロデュースするウエディングドレスの新作を着て晴れの日を迎える。今年2月には式場の下見のため、2人で渡仏。帰国時、蛯原の左手薬指にはILMARIからプレゼントされたダイヤの指輪が光っていた。披露宴の開催時期は互いの仕事の状況を見ながら決めるという。
 2人は08年秋ごろ友人を介して知り合い、09年4月から交際に発展。5月には、蛯原の実家からほど近い宮崎市の青島神社で“参拝デート”する姿が写真週刊誌に報じられていた。

 ◆蛯原 友里(えびはら・ゆり)本名同じ。1979年(昭54)10月3日、宮崎県生まれの30歳。03年から女性ファッション誌「CanCam」の専属モデルとして活躍。「エビちゃん」の愛称でファッションリーダーとなる。CM出演した商品が大売れし“エビちゃん効果”の言葉も生まれる。テレビ朝日「特命係長・只野仁」、フジテレビ「ブスの瞳に恋してる」などに出演。血液型O。

 ◆ILMARI(いるまり)本名荻原イルマリ恵介(おぎはら・いるまり・けいすけ)。1975年6月17日、フィンランド・ヘルシンキ生まれの34歳。父は日本人、母はフィンランド人。94年にヒップホップグループ「RIP SLYME」の母体を結成し、01年にメジャーデビュー。ヒット曲は「楽園ベイベー」など。ヒップホップを日本に浸透させた功労者の1人。血液型A。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2010年5月10日のニュース