五輪代表の田中亮明、井上尚弥とのリベンジマッチ希望!?「お金がもらえるなら…」

[ 2021年6月25日 20:53 ]

オンラインで取材対応した東京五輪ボクシング男子フライ級代表の田中亮明
Photo By スポニチ

 東京五輪ボクシング男子フライ級代表の田中亮明(27=中京高教)が25日、オンライン取材に応じ、「目標は金メダル。目立ちたいので派手な試合、お客さんが沸くような試合がしたい。1戦1戦、相手を倒しに行きます」と意気込みを語った。

 米ラスベガスで防衛に成功したプロボクシングのWBA&IBF世界バンタム統一王者・井上尚弥(28=大橋)とは同学年で同じ階級。高校時代の対戦戦績は4戦4敗で井上が大きな“壁”だった。田中は「彼とは高校生までしか試合をしてないけど、同じ世代に彼がいたので、彼に追いつくために練習したので、僕もここまで強くなれた」と感謝。「今はプロで活躍されて、いろんなプロ選手に夢を与える存在なので、すごいなと思います」と称賛した。

 その上で「お金とかもらえるんだったら、アベマとかで試合したいですね。彼もそんな安いチャンピオンじゃないですけど」とジョークを交えて再戦を希望。東京五輪での活躍次第では「メダリストVS世界王者」的な企画が浮上する可能性もありそう。田中は「もし、見たい人がいるなら。僕もお金がもらえるなら全力で勝ちにいきたいと思っています」と笑った。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年6月25日のニュース