井上尚弥 圧巻3回TKO!WBA5度目、IBF3度目の王座防衛 4団体統一に前進 ダスマリナス圧倒

[ 2021年6月20日 13:43 ]

ダスマリナスにパンチを浴びせる井上尚弥(AP)
Photo By AP

 プロボクシングWBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチ12回戦は19日(日本時間20日)、米ネバダ州ラスベガスのヴァージン・ホテルズ・ラスベガスで行われ、統一王者・井上尚弥(28=大橋)がIBF1位の指名挑戦者マイケル・ダスマリナス(28=フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ち。WBA5度目、IBF3度目の防衛に成功した。

 
 ダスマリナスは1メートル70の長身サウスポー。井上は苦にせず、初回から左フックをヒットさせるなど優位に試合を進めた。2回には左ボディブローでダウンを奪った。3回も左ボディ中心に攻め、ジャブで応戦するダスマリナスに強烈な左ボディブローで2度目のダウン。立ち上がった相手に再び左ボディブロー。3度目のダウンを奪って勝負を決めた。

 井上にとっては2度目となるラスベガスでの試合で、昨年10月のジェーソン・モロニー(オーストラリア)戦は無観客だったが、今回は観客を入れての開催。モンスターはパフォーマンスと結果で聖地のファンに、その強さを誇示してみせた。

 井上は「良い勝利できた」と笑顔。「ボディでも顔でもどちらでも倒せる準備してきた。ボディで倒すのを今夜出せてよかった」と語り、「1Rは相手の出方みて、相手の出方次第ですけど早い回でいけるのかなと確信を持てました」と話した。

 IBFの指名挑戦者ダスマリナスを下し、次は4団体統一に向けて他団体王者との統一戦に向かうことは確実。この日は19年11月のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント決勝で歴史に残る死闘を演じた現WBC王者ノニト・ドネア(38=フィリピン)、昨年4月に3団体統一戦を行う予定だったWBO王者ジョンリール・カシメロ(32=フィリピン)も現地で生観戦した。

 ドネアは井上との再戦に前向きな発言をしており。カシメロは8月14日にWBA正規王者ギレルモ・リゴンドー(40=キューバ)と対戦予定だが、リゴンドーも井上との対戦を希望しており、統一戦への流れはできている。タイミングと会場の問題がクリアされれば、井上は4団体統一へ一気に突き進むことになりそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年6月20日のニュース