3冠王者・吉野修一郎 日本王座7度目の防衛戦で仲里周磨と対戦

[ 2021年6月11日 14:16 ]

吉野修一郎
Photo By スポニチ

 ボクシングの三迫ジムは11日、日本ライト級タイトルマッチ10回戦を8月12日に東京・後楽園ホールで行うと発表した。王者・吉野修一郎(三迫)が同級11位・仲里周磨(ナカザト)の挑戦を受ける。

 東洋太平洋、WBOアジアパシフィック王座も保持する吉野にとっては日本王座7度目の防衛戦。前日本本フェザー級王者の佐川遼(三迫)が小坂烈(SUN-RISE)と58キロ契約8回戦で、アマチュア2冠の馬場龍成(三迫)がプロデビュー戦となるスーパーフライ級6回戦で岡田兼弥(江見)と対戦することも発表された。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年6月11日のニュース