スーパー王者・京口にWBAが統一戦指令 正規王者ベルムデスと 

[ 2021年6月11日 12:34 ]

京口紘人
Photo By スポニチ

 世界ボクシング協会(WBA)は10日、WBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人(27=ワタナベ)に正規王者エステバン・ベルムデス(25=メキシコ)との対戦指令を出した。

 京口は昨年、英プロモーターのマッチルーム社と契約し、3月に米テキサス州ダラスで同級10位アクセル・アラゴン・ベガ(メキシコ)に5回TKO勝ちで3度目の防衛に成功したが、本来は昨年9月30日までに指名試合を行わなければならなかったという。

 7月11日まで30日間の交渉期間が設定され、合意しなかった場合は入札となる。その場合のファイトマネーの配分は京口が65%、ベルムデスが35%としている。

 ベルムデスは2013年3月にプロデビュー。今年5月、カルロス・カニサレス(プエルトリコ)に6回TKO勝ちして王座を獲得した。戦績は14勝(10KO)3敗2分け。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年6月11日のニュース