尚弥 V3戦へ「全神経集中」、ラスベガス入り 軽めトレーニングで汗

[ 2021年6月11日 05:30 ]

WBA&IBF世界バンタム級タイトルマッチ   統一王者・井上尚弥《12回戦》IBF1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン) ( 2021年6月19日    米ラスベガス )

ラスベガスに到着した井上尚弥(大橋ジム提供)
Photo By 提供写真

 WBA5度目、IBF3度目の防衛戦に臨む統一王者・井上尚弥が9日(日本時間10日)、ラスベガス入りした。

 井上は到着後に軽めのトレーニングで汗を流したことを自身のSNSで報告。「残りの10日は全神経集中させて1ミリのズレもないよう仕上げるよ」と投稿した。

 今回も、いとこで元日本スーパーライト級王者の井上浩樹さんが同行。浩樹さんを挑戦者に見立て、マスボクシングで微調整するという。現地ではラスベガス・ジャパンタイムズが4ページの特集を組むなど、プロモーションも活発化している。

続きを表示

「ボクシング」特集記事

「アントニオ猪木」特集記事

2021年6月11日のニュース