RENA秒殺!わずか20秒でKO勝ち 地元大阪で再起の白星挙げ「ただいま~」

[ 2019年10月12日 19:25 ]

RIZIN.19   ○RENA―アルヴァーレ● ( 2019年10月12日    エディオンアリーナ大阪 )

<RIZIN.19 RENA×アレキサンドラ・アルヴァーレ>1RTKO勝ちを収め飛び上がって喜ぶRENA (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 女子51キロ契約で、RENA(28=シーザージム)が地元大阪で再起の白星を飾った。アレキサンドラ・アルヴァーレ(35=スペイン)に先に右のパンチを当てられたが、直後に右ストレートをヒットさせて反撃。懸命に逃げようとする相手を蹴りを交えて追い込み、わずか20秒でKO勝ちした。試合後のリング上では「大阪の皆さん、ただいま~」と喜びを爆発させた。

 対戦予定だったショーナ・ラム(33=カナダ)が練習中の脳しんとうでドクターストップとなり、急きょ、対戦相手が変更。それでも「自分がやるべきことは全部できた。調子もいいし、順調に仕上がった」と自信を持って臨んだ。

 初の海外進出となった6月のベラトール・マジソンスクエアガーデン大会では一本負け。「寝技をやりたいと言って打撃がおろそかになっていた。特技を生かさないともったいない。最近KOできていないので、得意の打撃で会場を爆発させたい」。そう誓って臨んだ原点回帰の再起戦で、狙い通りの勝利を収めた。

続きを表示

この記事のフォト

「ボクシング」特集記事

「WBSSバンタム級トーナメント準決勝 井上尚弥VSエマヌエル・ロドリゲス」特集記事

2019年10月12日のニュース